夏合宿2017 in 札幌を開催しました!! 

お久しぶりです。Cスタッフです。9月4日~6日に札幌で行われた夏合宿の報告をさせていただきます。

今回も現地集合・現地解散です。なお、宿泊は札幌市営地下鉄南北線 北24条駅から徒歩3分の「札幌サンプラザ」です。


1日目<9月4日(月)>

△乾杯の音頭を取る会長

△乾杯直後の様子

会員はそれぞれのルートでホテルへと向かい、ホテル近くの北区民センターをお借りして部会(宴会)が行われました。

会長の乾杯の音頭で宴会が始まり、飲み物やお菓子が振る舞われました。もちろん、夕飯を持ち込んで食べることもできます。

恒例となっている経路発表は、以前の部会での調査結果から飛行機で北海道へ渡った会員が多いと判断し、会長の「○○で来た人~」(○○には鉄道や飛行機などの交通手段が入る)の言葉に各々が手を挙げる方法で簡略的に行われました。

予想通り飛行機が多く、鉄道もそれなりにいましたが、同じくらい船(フェリー)で来たという会員がいたのは、とても印象的でした。

なお、翌日は早朝から出発する班があることや、以前に会員から「長い」という批判があったことなどの理由により、部会は早めに切り上げホテルへと戻りました。

2日目<9月5日(火)>

班別行動

△羊ヶ丘展望台にて

△ビール工場で試飲する会員達  ※20歳以上です

2日目は、札幌市内班、道東班、道央班、道南班、小樽道央班などに分かれ、恒例の班行動を行いました。

朝早くに出発する班もあれば、8時ごろに出発する班もあり、それぞれの班に特色が表れていました。

例として、私が所属した札幌市内1班の行程を箇条書きで紹介します。

  • 札幌市電乗り潰し(1周)
  • さっぽろ羊ヶ丘展望台
  • ラーメン共和国(昼食)
  • 北海道テレビ見学(ロビー内)
  • サッポロビール工場見学(試飲 ※未成年の会員はソフトドリンク)
  • 回転寿司(夕食)

*詳しい行程は「きてき224号」にて

部会(宴会)

各班がホテルに帰り次第、初日と同様に部会(宴会)を行います。

1日目同様、翌日に備えて早めに切り上げますが、開始時間が1日目に比べて遅いため、あっという間の部会でした。

3日目<9月6日(水)>

△交通資料館の外観

△展示されている運転台

この日は、ホテルのレストランで朝食を食べ、荷物の整理をしてからロビーに集まりました。

ホテルを班ごとに出発し、ホテル最寄駅の北24条駅から市営地下鉄南北線に乗車して、目的地の最寄駅である自衛隊駅まで乗車しました。

自衛隊前駅から陸上自衛隊真駒内駐屯地の方へ歩いていくと、見えてくるのが札幌市交通資料館。

この資料館は、札幌市内の小学校の夏休み期間と、5月3日~9月30日まで(日付は平成29年度のもの)の土曜・日曜・祝日のみ開館している資料館ですが、今回は特別に平日に見学させていただくことができました!

なお、普段の合宿では、団体で見学をしてから集合写真を撮って現地解散という流れですが、今回は見学の前に集合写真を撮影して解散し、あとは時間の限り各自で見学としました。

解散後、各々は資料館内に散らばり、3日間お世話になった南北線の歴史が分かる試験車両や実際に使用されていた車両、過去の市電車両、実際に使用されていたバス、乗務員体験ができる運転台などを見学しました。

今回ご協力を賜りました札幌市交通資料館の担当者様には、心よりお礼申し上げます。ありがごうございました。

第4回部会と前期納会を行いました!

部会

△部会の様子

こんにちは、Cスタッフです。前期最後となる部会が7月8日(土)に行われ、担当部署より以下のことについて報告がありましたので、今回はその報告をいたします。

夏合宿について

前回の部会で合宿地が北海道に決定し、今回は企画部から班分けにの詳細ついて報告がありました。北海道はとても広いため、班行動の行き先も多岐にわたります。

なお、例年はホテルについても報告があるのですが、まだ決まっておらず、報告は見送られました。

きてき224号について

当会は本年も、11月に本学で開催されるオータムフェスティバルに参加し、会誌『きてき』を配布する予定です。その原稿の提出日や編集スケジュールについて、担当部署から報告がありました。

会員が執筆した鉄道についての濃い記事がお読みいただけますので、ぜひご来場の上、お受け取り下さい!

前期納会

△談笑する会員

△会員を労う会長

食べ放題が会員に好評なので、今回の納会も「木村屋本店 渋谷桜丘」にて貸切で行われました。

モツ煮込みだった前回(新歓)とは異なり、今回の鍋はしゃぶしゃぶでした。

新歓から2ヶ月が経って新入生も馴染み始め、ところどころで学年の壁を越えて交流する光景が見られました。

次のイベントは?

次は、9月4〜6日に北海道で開催される夏合宿です。

もちろん、例によって現地集合・現地解散です。

果たして面白いルートで来る会員はいるのでしょうか!?今から楽しみですね!

新歓レク in 関東鉄道

こんにちは。Cスタッフです。
今回は、6月3日(土)に行われた新歓レクについての報告です。
今年は、関東鉄道様のご協力の下、常総線にて行いました。


集合

会員は10時30分、つくばエクスプレスの守谷駅に集合しました。遅刻した会員もいましたが、体調不良で欠席した会員を除き、全員が集合しました。なお今回は、お忙しいため顧問の教授は参加されませんでした。

点呼が終わると、学年ごとに関東鉄道のホームへと移動しました。

守谷駅発車

△今回の貸切で使用された車両

3番線に停車していた10時48分発の普通水海道行(1両)を見送ると、向かい側の4番線には今回の貸切列車として使用されるキハ310形がキハ317+318の2両編成で入線してきました。

このキハ310形は、国鉄型気動車の走行機器を流用して作られています。関東鉄道のみで見ることができる形式で、現在は6両が活躍しています。

関東鉄道に初めて乗る会員も多く、車内外を問わず撮影に明け暮れていました。

水海道停車・車内レク①

△ビンゴカードが配られた

車内のレクは会長のあいさつで始まり、次に関東鉄道担当者様からのお言葉を頂いたところで、列車は水海道駅にて交換待ちのために停車しました。

車内や列車が停車しているホームで時間を潰す会員がほとんどでしたが、一部のアクティブな会員は、反対のホームに渡って列車を撮影していました。

水海道を発車するとレクが再開され、会員にビンゴカードが配られました。今回のビンゴゲームは、新入生(再入会の大学院生を含む)は1ビンゴ、新入生以外は2ビンゴで景品が渡されるというものです。

車内レク②

△ビンゴが出て景品に交換する新入生

△このような景品が渡された ※カメラは私物

ビンゴになった会員は、車両前方にいるレクを担当する会員にビンゴカードを渡してクジを引き、クジに書いてある番号の景品を受け取ります。

景品の多くは鉄道やバスに関係するグッズで、中には鉄道模型もありました。もちろん、乗り物以外の景品も含まれていて、大いに盛り上がりました。

実は、企画した会員相互の連絡ミスにより前日の夜までレクが決まっておらず、慌ててビンゴゲームの実施を決めたのですが、意外と好評で成功したのでよかったです。

下館到着

△下館駅でキハ5000形と並ぶ貸切列車

11時59分、終点の下館駅に停車し、折り返しの準備とトイレ休憩のため、20分ほど停車しました。会員の多くはホームや改札外から列車を撮影していましたが、喫煙所でタバコを吸う者、当日の守谷駅までの経路や帰りの経路について談義する者など、過ごし方は様々でした。

この間にレク担当の会員が、頼んでおいた仕出し弁当を受け取り、車内へと積み込みました。

60人分のお弁当の製作・配送を担当してくださいましたスマイルランチ様、ありがとうございました。

昼食

△今回のお弁当

下館駅を発車すると、レク担当の会員によってお弁当が配られました。

お弁当は、鮭の切り身、コロッケ、スパゲッティなどボリューミーな内容で、とてもおいしかったです。

なお、揺れる車内で食べるのは難しかったですが、列車旅の風情を楽しむことができました。

ところで、体調不良で欠席した会員の分と予備として発注したお弁当が余ったため、車内で追加の販売が行われ、合計2人前を食べた会員が何人かいました。

復路・解散

△関鉄グッズの発売

△車両基地

復路では、関東鉄道様のご厚意により、関鉄グッズの発売が行われ、複数のグッズを買い求める会員の姿がありました。

復路も水海道での列車交換のための停車を経て、列車は守谷駅へと進みます。ところが、列車は途中で進路を変え、水海道車両基地へと進入しました。

車両基地に停車をしている間、様々な基地内の車両を見ることができ、また、車内からそれらを撮影することができました。

最後に走行する車内で記念撮影をして、列車は守谷駅に到着しました。ホームで諸連絡を行った後、解散となりました。

沿線から撮影

△沿線から撮影した貸切列車

一部の会員は貸切列車に乗車せず、沿線から走行する貸切列車を撮影していました。

最後に

今回の新歓レクの開催にご協力を賜りました関東鉄道様には、心よりお礼申し上げます。ありがごうございました。

1 / 8412345...102030...最後 »